読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章練習

あきたらやめる

ディーノ・ブッツァーティ『タタール人の砂漠』

感想

書名: 『タタール人の砂漠』(岩波書店
著者: ディーノ・ブッツァーティ
訳者: 脇功

 読みながら “Failing to prepare is preparing to fail.” や “Life is what happens while you're busy making other plans.” という格言を思いだした。

 環境に身をまかせて暮らしに埋没し、期待を内に秘めて決断を先延ばしにするうちに時は過ぎ、老体と後悔ばかりが残ることになる。待っていても確実にやってくるのは死だけであり、能動的な行動と「損切り」こそが大切だと痛感させられるが、そうは言ってもなかなかままならぬもので、やはり何かと逡巡してしまう。しかし、そうこうしていると前述のようになりかねない。耳が痛いし頭も痛い、と内なるドローゴが叫ぶ。

 折にふれて読みたいような読みたくないような名作。