読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章練習

あきたらやめる

自分の文章を読む

雑記

 10年ほど前に書いた文章を読んだ。「なんておもしろいんだ」と思う。同時に「なんて記憶力が悪いんだ」とも。10年も経ってしまえば、内容を覚えていないだけでなく、自分自身が別人のように変わっていてもおかしくない。じっさいずいぶん変わった気がする。それでいて感性の根幹はそれほど変わっていないとも感じる。だからこそ絶妙におもしろいのだろう。他の誰が読んでも、こんなふうには楽しめないのではないか。未来の自分が楽しめるように、何かを書き残しておくのも悪くないかもしれない。

 そう考えつつ日記を読み返していたら、驚くほどつまらないものがあり、たまらず非公開にした。

広告を非表示にする